FXで勝ち続けるのが難しい5つの理由を、プロトレーダーが解説します。

FXに限らずトレードで勝ち続けることが難しい本当の理由は、大きく分類して5つあります。

結論から先に言いましょう。

1・一般社会の常識と相場の常識が真逆だから

それでは、詳しく解説いたしますね。

MEMO
一般/人生は努力と頑張りが大切と教えられて育つ。

相場/頑張っても何をしても事実は変わらない。

一般/ミスがあってもやり直しが可能。挽回のチャンスがある。

相場/一瞬の判断ミス、一回のルール違反が資金を飛ばす。

一般/勝つと嬉しい、負けると悔しい気持ちになる。それが人生の醍醐味でありモチベーションとなる。

相場/勝ちも負けも同価値なので、常に感情はフラットでいなければならない。感情の起伏があると正確な判断ができなくなる。

人として生きてきたなら当たり前であり美徳とされることが、こと相場の世界ではマイナス作用を起こす邪魔なものとなってしまいます。

2・人間は確率論的思考を持っていないから

サイコロの奇数と偶数の目の割合は50%ですが、数回振っただけではどちらかに偏りが出がちです。

しかし、100回1000回10000回と母数が大きくなればなるほど誤差が無くなります。

確率とはそういうサイズのものであるにも関わらず、人間は10~20回ほどの短いスパンでしか考えられない傾向にあります。

例えば、勝率7割の優位性のある手法を学んだとして、確率論的には、30回連続で負けトレードが続くこともあるし、70連勝もありうるのです。

ただひたすらルール通りのトレードを繰り返すだけでよいのに、続く負けに心が耐えられなくなりルールを変えてしまったりルール違反をしてしまったり、連勝に酔って大きく枚数を上げたところでドローダウンに突入して、今までの利益をすべて飛ばすなどをしてしまいます。

それは確率論が身についていないからこそやってしまう行動です。

3・プロスペクト理論

prospect(期待、予想、見通し)

プロスペクト理論によると人間は、利益を目の前にすると利益が手に入らないというリスクを回避しようとし、損失を抱えていると損失そのものを全回避しようとする傾向があるといわれています。

例えば、

A:あなたはどちらを選びますか?

100万円が無条件で手に入る or コインを投げて表が出たら200万円が手に入るが裏が出たら何も手に入らない

ギャンブル性を避け確実に100万円が手に入る前者を選択する人が多い。(わずかな利益しか出ていないのに利確したがる)

B:200万円の負債を抱えている状態では、あなたはどちらを選びますか?

無条件で負債が100万円減額され負債総額が100万円となる or コインを投げて表が出たら負債が全額免除になるが裏が出たら負債総額は変わらない

Aでギャンブル性を避けた人のほとんどが、Bではギャンブル性の高い後者を選ぶことが実証されている。(損切ができず、お祈り、ナンピンをしてしまう)

さて、あなたはどちらを選びましたか?

MEMO
FX用語が分からない方はこちらの記事もご覧ください
FX初心者がまずは覚えるべきトレード用語まとめ

4・サンクコスト理論

sunk cost(回収不能原価)

人間が投資行動をとった結果、生じたコスト(時間・費用)がのちの行動に影響を及ぼすことをまとめた理論です。

人は途中で方向転換や事業撤退をした方がよいと分かっていても、「これだけ時間を費やし多くの資産を投資してきたから撤退はできない」と、感情が優先して行動の軌道修正ができない傾向があります。

あらゆる投資にはサンクコスト理論が働きますので、そのことを知り意識をすることで対策が可能です。

損切ができないとき、ストップを広げてしまったとき自問します。

「もし仮に、このポジションを持っていなければ同じポジションを持つだろうか?」

ゼロベース思考に立ち返り、答えがNOならそこで手仕舞うことです。

5・資格試験もなくプロと同じ土俵に乗ることができてしまうから

皆さんもご存知のように、証券会社の口座を開くのに大した審査はありません。トレードは証拠金さえ用意できれば、いつでも始めることができてしまいます。

何の勉強もせずに金融商品の売買を行うことができてしまうのです!

世界中のプロが存在する土俵に無防備に乗ったら、どうなるのかは想像つきますよね?

相手は個人だけではありません。
国や巨大ヘッジファンドもいるのです。

この事実が最もトレードで稼ぐことを難しくしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA