自分に合う「トレードスタイル診断法」と「手法&インジケーターの選び方」と「専業 or 兼業」

人それぞれ性格も環境も違い、そのパターンの多様さといえば、十人十色という言葉以上に様々です。

例えば、交際する、結婚するというリレーションシップを結ぶ相手の選び方だって、あなたに合う相手が、他の誰にでも合うわけではないように、トレードスタイルも一人一人の個性に合わせて違って当然なのです。

なぜ恋愛や結婚の話に結び付けるのかといいますと、人生のパートナーとして添い遂げてゆくのがトレードだからです。

自分とトレードの間に、他人は一切介在しません。

その観点に立って、自分に合うトレードスタイルを診断しましょう。

トレードスタイル診断法

トレーディングには、大きく分けて3タイプの取引形態があります。

スイング
日をまたぐ、週、月、年スパンででポジションを保有するスタイルのトレーダーをスイングトレーダーと呼ぶ。
デイトレード
数十分からその日のうちに決済をするスタイル。デイトレーダー。
スキャルピング
デイトレードに包括されるが、数十秒から長くても数分で決済をするスタイル。スキャルパー。

上記3タイプ単体だけでなく、下記のように複合スタイルもありますので、7スタイルあると言えます。

スキャル&デイトレ
デイトレ&スイング
スキャル&スイング
スキャル&デイトレ&スイング

本人がスキャルパーになりたいと考えていても、実はスイングの方が得意だとか、その逆だとか、希望と現実が一致しないことがあります。

トレードをやろうと思う目的は、誰も皆同じ、利益を上げること以外にありません。

ということは、勝てなければ意味がないので、希望より現実を受け止めるべきでしょう。

でも、「自分の適性が分からない!」という方がほとんどかと思います。

そこでひとつ、簡単な指針をお教えしましょう。

  • ポジションを持っている間、チャートからまったく目が離せないタイプの人は、スキャル ~ 短めのデイトレ向きです。
  • ポジションを持ったままお風呂に入ったり、別の作業をできるタイプの人は、スキャルも出来るし、長めのデイトレ、スイングもできます。

チャートから目が離せない人がスイングなどやったら、人生台無しになりますが、ポジションを持っても他の作業が出来る人は、オールマイティにいけるはずです。

「ポジションを持っていても他の事に気が行ってしまうなら、スキャルは無理なんじゃ?」とご懸念の方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

他の事をやる前に決済すればいいだけですから、やりたいことの為に躊躇なく利確も損切りも出来ることでしょう。

これはかなり大雑把な適性判断ですので、さらに詰めてゆくには、もっと複雑なデータが必要になってきます。

それこそ、取引する時間帯(アジア、欧州、NY等)や、得意な通貨ペア(単体か複数通貨ペア監視か?)、PC前に座っていられる時間等から、成績をデータ化して、向き不向きを自身で把握しておく必要があります。

漠然とトレードをして、勝った負けたをやっているだけでは、何の進歩もありません。

状況を細分化して、データ収集をしてください。
そうすると、自分に合ったトレードスタイルがあぶりだされてくるはずです。

そして、トレードスタイル以前に、自分に合った手法とインジケーター(チャート設定)を見つける必要があります。

手法&インジケーターの選び方

実際これは、本人がそれを採用して成功する(常勝トレーダーになる)という結果を見るまでは、誰にも判断が出来ないことですが、
トレードは80%がメンタルに依存する作業ですので、極端に言えば、手法なんて優位性が高ければ何でもOKです。
ピンと来たもので、良いと思います。

常勝トレーダーになるために、生活習慣を変えよう!

現在すでに、特定の手法やインジケーターをお使いの方で、いつまでも勝ち切れない状態なら、「本当にこれでいいのか?」と疑問を持ってみてください。

ただし、ほんの一週間や一ヶ月その手法を使っただけで、合う合わないを判断してはいけません。
これだと決めた手法は、最低でも1年は勉強することです。

冒頭で書いたように、人生のパートナー選びをするわけですから、そんな上っ面を撫でたような期間で、相手の人柄などを判断できるはずがないのと同じです。
遊び相手を探しているのではなく、一生の伴侶を探しているのですから、きちんと向き合うことが必要ですね。

    他に例えますと、レースの世界。

車でもバイクでも、マシンは何でもよいですが、可動テストを一度もやったことがないマシンに乗っていきなりレースに出場しませんよね?

数多くのテスト(検証)を繰り返して、やっと安全性と性能の確認ができ、またそれを乗りこなす為の練習が必要になります。

いきなりリアルトレードから始める初心者は、免許も取らずに信頼性のないマシンに乗って、サーキットに出たも同然ですので、すぐに大けがをすることになります。

少なくとも1年は、その手法だけで検証作業とデモトレードを行って、年を通した相場の世界を知って欲しいと思います。

言わば、トレーダーにとってのサーキットコースは、日々の相場模様です。

1年でコース一周と考えてください。

1年の間の相場の動き方や特徴、様々なイベントや大事件を、同じマシン(手法)を通して体験することが肝要なのです。

ちょっと上手くいかないからといって、すぐに手法やインジケーターを変えてしまったら、見え方が変わってしまい、また一からやり直しです。
今何を見ているのかすら、分からなくなってしまいます。

そしてなにより、相場は縦軸(価格・レート)を基準に構成されていますので、縦軸を一番に意識すること。

横軸(時間・波)は、トレードを繊細にするための補助です。

移動平均線が代表格で、インジケーターのほとんどは横軸を意識させるものが多いですが、フィボナッチやピボットなどは縦軸を意識させるインジケーターです。

さあ、あなたが縦軸をハッキリと認識出来る基準は何ですか?
補助としての横軸を意識しやすい基準は何ですか?

その観点で、手法やインジケーターを選んでみてください。

使いこなせると超便利!インジケーター9種

そして最後に、「専業か? 兼業か?」の判断に移りましょう。

専業トレーダー or 兼業トレーダー

専業トレーダーとは、字のごとく、トレードのみで生計を立てているトレーダーです。
兼業トレーダーとは、他の仕事を持ちつつ、トレードを行っているトレーダーです。

トレードスタイルや手法より、「専業を目指すか? 副業としてやっていきたいか?」という選択が、真っ先にあったのではないでしょうか?

一番簡単な判断基準から、お話します。

「他の仕事も、並行して続けてゆきたい」と考えている方は、「兼業」でOKです。専業になる必要は微塵もありません。

難しいのは、「専業」を希望する場合です。

そこであなたは、専業トレーダーになる為に必要な収益の目安を考えたことはありますか?

例えば、一月に30万円あれば生活が出来るとしましょう。

その30万円をトレードで稼けばいい、という考え方は間違っています。

なぜなら、

どこかにお勤めの人ならば、お給料として30万円を得るというインカムゲインでOKです。
勤め先が、様々な補償をしてくれているからです。
それがバイトやパートであっても、時間分の対価は支払ってくれるので、無駄はありません。

個人事業主や会社経営者であるなら、自分で仕事を作り出さなければならないことと、税金や福利厚生や将来の積み立て、万が一の事故なども考慮すると、倍の60万円を得ることで、お勤め人の30万円と同等になります。

そして、

専業トレーダーであるなら、自営業者としての負担以上に、経費がほとんど認められないので、見た目通りの税率を支払うことになります。

しかも、社会的な信用はかなり低く、ローンを組むにしても、引っ越しをするにしても、厳しい条件が課せられます。

ドローダウンや万が一の大相場に巻き込まれての損失を考慮して、100万円稼いでやっと、30万円のお勤め人と同じくらいの生活が出来ると言えます。

つまり、専業トレーダーになるには、毎月100万円以上の利益を上げられるようにならなければ、難しいと考えてください。

縦しんば、あなたの頑張りが実って、100万円を裕に稼げるようになり、専業になったとしましょう。

トレード以外の収入元を絶ったことによってメンタル負荷がかかり、パフォーマンスががくんと落ちる、ということも有りうります。

実社会とのつながりがあった方が、メンタルが安定するという場合が多いようです。

専業でやり続けられる実力があっても、人恋しくなって、外部の仕事に復帰する人もいるくらいです。

専業トレーダーになる場合は、いくつもの保険(貯金や復帰できる職場)をかけておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA